【真っ先に取り組むテーマ『準備』〜キャッチングの仕方編〜】

投稿日:

Hola!三上です!

所沢ジュニアユースに入団した選手たちや所沢ジュニアユースのGKスクール、選抜チームでのトレーニングを行う際に、真っ先に取り組む『準備』の中でもキャッチングの仕方についてまとめたいと思います。

良い準備=良いゴールキーピングに繋がるということは何度も書いてきました。

その中でも正しいキャッチングの仕方を身につけることで、試合中のキャッチング率が上がる=自分たちの攻撃回数が増える+無駄なセカンドボールの発生を減らし失点率も下げることができます。

まだ手が小さい小学生年代の子たちも

キャッチングの形を意識する事は重要です。

数年経てば手のサイズは変わります。

今、手が小さいからと将来使わないキャッチングの形でキャッチしているとそれが癖になってしまいます。

指導者の方は小さい年代でキャッチングが出来ないからといって怒って欲しくはないですね

これがボールが反発して大きく遠くに行ってしまった時はキャッチングの形やフォームを確認する必要があります。

逆に手は小さいけどキャッチングの形も良く、あまり遠くに弾いてない。

すぐ捕れる目の前にボールを落としている場合は褒めてあげると良いかと思います。

低学年の頃はダブルキャッチでも良いかと思います。

もちろん良いキャッチングの形で1発でキャッチ出来ればもっと良いですが、、

では正しいキャッチングの仕方とは?

僕の考えをまとめると

1.正しい構え方からスタートする
2.軌道上に手の面を素早く作る
3.ボールを掴むというよりも手にはめる
4.キャッチングの形(三角形や台形)
5.キャッチング時の音(乾いた音)
6.正しい位置でキャッチする(視野の確保)
7.肘の使い方(吸収、クッション)
8.脇の開き具合(吸収、クッション)
9.上半身の面(正対する・後ろに逃げない)
10.キャッチ時の足の状態(平行に、バラバラにならない)

これくらいでしょうか?

もう少しありますが細かい部分まで書くときりがない、、。

ちなみにコレは正面キャッチのライナーボールのポイントですね。

グラウンダーボールのキャッチングとなるとココに足の壁の作り方などがプラスされます。

足の壁をしっかりと作る部分はこだわらないといけないと思います。

股下が空いてしまうことによる弊害は正面のグラウンダーボール以外にも繋がるからです。

セービングやハイボールなどもそれぞれにポイントが付け加えられますが、どの動作も正面のキャッチングが出来なければいけないと思います。

逆にキャッチングさえ出来ればその他の動作はあまり難しくありません。

英語でいうアルファベットです。
アルファベット(キャッチング)を書けるようにならないと英単語(セービングなど)は書けません。

基礎中の基礎。突き詰めると奥が深いキャッチング!

正しい形を意識して反復することが必要です!

正しいキャッチングを身につけましょう!

-GKブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.