【現代GKに求められる『足元のスキル』は最重要ではない!】

投稿日:

Hola!三上です!

現代のゴールキーパーにはポゼッション能力が求められ、足元のスキルの重要性が高まっています。

しかし、あくまでもゴールキーパーの最重要任務は『ゴールを守ること』です。

これ以上にポゼッションに参加することが重要になることは決してありません。

ポゼッションが出来てもシュートを止められなければ話になりませんが
ポゼッションは出来ないけどシュートは止めれます。これは話になります。

僕が指導する中で、『足元のスキル』をメインテーマにトレーニングするのは年間を通して最後の方です。

ポゼッション能力を高めることで得られるのはフィールドプレーヤーと同じ楽しさです。
それでは、なぜゴールキーパーをやっているのかわかりません。

ゴールキーパーにしかわからない楽しさ
・シュートを止めること
・クロスボール・ハイボールを奪うこと
・奪った後の華麗なパントキック
・競り合いや相手の足元に飛び込みボールを奪うこと
・クロスボールの競り合いで相手を吹き飛ばすこと(コレは自分だ
け?笑)

こういったGK特有の部分を楽しめるように伝えたいし、その術を身につけてほしい。
と思っているので必然的に足元にフォーカスするのは最後らへんになります。

しかし、、、

足元のスキルが高いことに越したことはありません笑
所沢ジュニアユース現U13GKタツヤは足元の能力が高くて助かってます笑

パスを繋げるというよりも、ボールを蹴れることが大きいですね。
細かいポゼッション能力、繋ぐ能力はあればいいねくらいですが、ボールを蹴れないのは正直キツイです、、、(現高1の代は大変だったな〜笑)

小学生から中学生年代は特に大変ですね。
この年代は個人個人で身体の成長差が大きく、5号球は重さも大きさも変わります。

ただ小学生年代で正しいボールの蹴り方を身につけていればそこまで困ることはないのかなとも思います。

足元のスキルも必要だとは思いますが、まずはシュートを止めることが最重要です。

ゴールキーパーが100本パスを成功させてもそのパスが直接得点に繋がることはほぼ無いでしょう。
逆に100本のシュートを止められれば失点はゼロ。負けることはまずありません。

どちらの能力を身につけた方がチームに貢献してくれるでしょうか?

もしパスを100本成功させたい方を選ぶのなら、僕からのアドバイスとしてはチームで1番足元のある中盤あたりの選手をゴールキーパーにする事をオススメします笑

パントキックを蹴る、スローで味方につける。どちらもボールを止めた後の話です。

だからこそまずはGKとしての専門スキルを学びましょう!

-GKブログ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.