【天候に左右されないGKへ!】2018年度 埼玉県西部地区GKトレセン①

投稿日:

5月7日(月)@尚美学園大学G

Hola!三上です!

2018年度の第1回埼玉県西部地区GKトレセンが行われました!

所沢ジュニアユース(TJY)から自分と黒米コーチがGKコーチとして1年生2人が選手としてトレーニングに参加しました。(タツヤは休養です。)

天気はあいにくの雨でしたが、サッカーは雨の中でも行うスポーツです。
この環境に対応する力も身に付けて欲しいですね!

トレーニングは中学生+高校生の女子選手たちで行われました。

女の子たちの方がボールへ食らいつこうという姿勢が強かったですね!負けるな男子諸君!笑

さてこの日のメニューは、
ステップからのキャッチングやローリング、弾いた後を想定したダブルアクション等が行われました。雨の日に正しいキャッチングが出来る可能性も追求しながら、もしファンブルしてしまった後の対応も行われました。

最後のメニューはGKコーチ陣からのシュート。

素早い準備(ポジショニング、構え)からのシュート対応
バウンドして伸びるボール、高さのあるボール、ストレートやカーブ、速い遅いなど様々な球種を蹴りました。

意外と止めれるのが速いストレート
意外と難しいのが遅いカーブやバウンドボールですかね。

遅いボールに対して1歩だしてローリングの姿勢で待ち構えてしまう選手が多くいました。(待っている時間があったらステップしたいよね!)

速いボールをイメージしとくのは大事ですが、それ以外のボールも想定の範囲内に収め尚且つボールに対して反応し最適解を瞬時に出さなければいけない。

なかなか難しいんですよね、分かっていてもステップが出来ずに待ち構えてしまいます。

女の子たちは上のボールが難しいようですね
ボールを捉える位置が後ろであったり、両手でトライして高さが作れなかったりと修正部分は共通していますね。

男女でもったいないと感じたのはやはりシュートを見送ってしまうことですね。

GKコーチ陣の華麗なシュートに見入ってしまったのか、、笑

最初から諦めてしまい見送るシーンが多く見受けられました。

最後にも伝えましたが見送る時間はもったいない!

届かなくても触って入ってしまってもいいからチャレンジしよう!

そしたら何かを得られるはず、改善しなくちゃいけない所を見つけられるはず

見送ってチャレンジしなければ残るのは後悔だけ、、、。

所沢ジュニアユースの子たちにも毎回伝えています。

ミスしても何してもいい。

見送ることだけはするな!と

限られた練習時間の中で見送る時間はもったいない!

過ぎた時間は取り戻せない!チャレンジあるのみ!

-GKブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.