【上手くなるためにはどんなアクションが必要なのか!?】U14新人戦 第1節vs見沼FC

投稿日:2018年5月21日 更新日:

2018年5月20日(日)U14新人戦
第1節 vs 見沼FC
結果:×0-3(0-2)

土曜日に続き公式戦。
こちらはU14カテゴリーとなり、2年生たちにとっては同世代との闘い。

U15と違って言い訳は出来ない。

新人戦では来期へ向けてU14世代のチーム作り・ベースアップも兼ねているため

普段U15のトップチームで出場機会が少ない選手たちにもチャンスが与えられる。

また斬新で画期的な取り組みとして
U15でGKとしてプレーしているU14タツヤを、、、

フィールドで起用!

U13のGKたちを育てるという意味もありますし

タツヤを二刀流で育てたいというのもあります。

あとはなんか面白そうだなと、、、笑

まあ単純に小6までフィールドをやっていたので戦力にはなりますね。

足元のトレーニングや改めてフィールドの気持ちを知るのもGKとして成長するには必要です。

日本代表の西野監督もポリバレントな選手を求めてるので、、、

GKとFPが出来るウチのタツヤはいかがでしょうか?笑

まあ冗談はさておき

本気で二刀流にトライします!

将来、プロの世界でリーグ戦ではGKとして、カップ戦はFPでプレーする選手が出てくるかもしれません!

未来がどうなるか誰にも分からないですからね!

ということで今日はタツヤがトップ下やボランチ!

GKは昨日に引き続きU13ケイタが先発!

GKケイタに試合で求める事は変わらず
・良い準備(構え方、ポジショニング、キャッチング)をすること
・ミスを恐れずチャレンジすること(無謀なチャレンジは違う)
・試合を楽しもう

【前半】0-2
7分:失点

右CK〜中央でヘディングで合わせられ失点。

→マークをつけるコーチング

→ハイボールに対して出れないのならシュートへの準備をしなければならない。
まだ取り組んでない内容だからしょうがないけども、、、。

9分:失点

右クロス〜キックミスからシュータリングになり何とか弾く〜セカンドボールを詰められ失点。

→シュータリングへの対応が悪かった。予想外のボールに対してのステップが踏めなかった。

→弾く位置、ゴール前の密集に弾いてしまうと厳しい

→セカンドボールに対してのポジショニング。ゴールエリア角のフリーの相手に対してゴールライン上に構えてしまうと良いように思いっきり振り抜かれるだけ。
間合いを詰めてシュートブロックをするか相手を潰すかして対応したいところだ。

13分:DF裏カバーの連携ミス、声をかけるタイミングが遅い。

→早く声をかけていればキャッチできた。

ーーー
2日続けての公式戦となったGKケイタ

試合前のアップとしては異例のロングキック講座を行った効果か比較的安定したキックを披露したのも束の間。

失点後から慌ててしまったのかリズムが悪くなり飛ばなくなってしまった。

キックはバロメーター。
メンタル面が大きく影響する。

失点シーンはハイボール・クロスボールのトレーニングを行ってないので何とも言えないが、、

シュートに対してのポジショニングなど準備の部分ではまだまだ甘さが出た印象。

まあクロスボールに出れないのはしょうがない、やってないのだから。

ーーー

【後半】0-1
8分:失点
右クロス〜中央でフリーの選手がダイレクトシュート〜左ゴロのボールを触れず失点。

→まずはクロスボールを上げさせないようなコーチング+中のマークを付かせるコーチングがほしい。

→クロスボールから中央の選手に入った際のポジショニング・構え方が悪く、ただ足を出して崩れる形になってしまった。

ポジショニングがズレていても正しく構えていれば止めれたコースなだけにもったいない失点だった。

26分:DF裏カバー◯〜クリアしたロングキックもカウンターの起点になり、得点チャンスを作っていた。

29分:DF裏カバー◯

ーーー

風上になった事でハイパントキックが伸び攻撃の起点となっていた一方サイドへのパントキックはミスが多かった。

ピッチの横幅が狭い中で横へのキックはより高いレベルが求められるためもっとトレーニングが必要。

ライナー性のキックを身につけるよりもハイパントの飛距離を伸ばすこと、コントロール、無回転ボールなど質を高める事を優先してほしい。

その基本が身につけばライナー性のパントキックは自然と出来るようになるはず。

この試合3つの失点はどれもクロスボール系。これは取り組み始めれば守れる範囲に入ってくると思うのでそこまでネガティブな事ではない。

2日続けて準備不足での失点が見られた。

今メインに取り組んでいる事なだけに改善をしたい。
あとは普段どれだけ本人が意識出来るか。

ーーー

昨日の今日で準備の部分が改善できる訳がない。

失点シーンに関しては取り組んでないからしょうがない反面

マークをつかせるコーチングなどは小学生でも出来る内容なだけにもったいないとも感じた。

周りが1個上だろうと関係なくコーチングでやらせなければいけない。

セットプレーの守り方など知識がない感じが見受けられた。

失点後からタツヤを中央のストーンとしてセットプレーの守備を整えた自分のコーチングは大きなミス。

ケイタ含め、タツヤやピッチ上の選手たちに考えさせ解決させる機会を奪ったと後悔。

そして同世代との試合で点差以上に突きつけられた内容の差。

同じグループの中では間違いなくトップクラスの強豪だが、このレベルと普通に戦わなければいけない。

ここで改めて気付けるか?

キミたちは週4回しか活動がない。
では残りの3日間は何をする?
勉強をするのもいい、サッカーをするのもいい自由だ。

ただ上手くなるためには成長するためには練習をするしかない。

でもただ練習をすればいいんじゃない。

量ではなく質を高める事、こだわる事。

ただやるだけの無意味な1時間よりも、質高く目的意識を持ちこだわって取り組む1分の方が成長できる。

その時間をどうやって作るか。

1日24時間はどんな人にも平等に与えられている。

その時間をどんだけ有効に活用出来るか。

上手くなりたければやるしかない。
上手くなりたいなと思ってても変わらない。

行動を起こせ。やるしかない。

そう気付くチャンスをサッカーの神様は今与えてくれている。

いや、その前に何度も実は与えてくれている。
気付けないのか、気付いたけど行動できないのか。

遅くなればなるほどキミたちのサッカー人生の可能性は消えていく。

今変われば、未来に繋がる。

下手だと楽しくないツライだけ。

上手くなれば楽しいはず、楽しんでいれば上手くなるはず。

思い通りのプレーが出来れば結果は変わるはず。

『楽しむためには上手くなるしかない。
上手くなるためには楽しむしかない。』

どうするのかはキミたち次第。

-GKブログ, GK公式戦
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.