【チャレンジしないと気付けないことがある!】U15高円宮杯リーグ戦 第8節 vs FC KAZO

投稿日:

2018年5月26日(土)U15高円宮杯リーグ戦
第8節 vs FC KAZO
結果:×0-6(0-3)

高円宮のリーグ戦も折り返しが見えて来ました。

ほぼU14のメンバーで戦っていますが、もっと内容・結果ともに変えられると思います。

決して全てがダメ!悪い!ということではありません。良い部分ももちろんあります。
でも細かいミスが積み重なっての結果は受け止めなければいけません。

今、気付き変わらないと来年の自分たちがU15の代になっても厳しいと思います。
結果というよりも内容をもっとよく出来るはずです。

1人1人が考えてプレーすることが重要です。
そしてサッカーを知る事。
試合においての基本的な戦い方、守備の仕方、ボールの動かし方の知識が引き出しがない。

そろそろただの球蹴りからサッカーへと変えなければいけません。

考えて判断することをもっと意識して
1人1人がどんだけ出来るか、成長できるか。
次の高校年代に進んだ時に闘う準備をTJYでしなければいけません。

ということで第8節 vs FC KAZO戦は先発にU14GKタツヤです。

【前半】0-3
7分:失点
右サイドをドリブルで抜かれスルーパス〜DFが振り切られ1対1〜1度シュートブロックをするもののセカンドボールを詰められ失点。
→まずスルーパスを出される前に抜け出そうとしている相手FWのマークを捕まえるコーチングが出来ていない。またパスの出し所に対してのコーチングも遅かった。
→1対1の状況で相手のドリブル進入に対しての間合いの詰め方が悪い。速く動けばよりゴールから遠い位置でシュートブロックを出来たはず。
→セカンドボールに対してボールではなくポジショニングを取ろうとしてしまった。シュートブロックが後ろ方向になってしまったためだと思われる。
→最初のシュートブロックが前向きにアタックしている形であれば弾いたボールは遠くに行きセカンドボールが発生しなかったかも知れないorセカンドボールに対して前でチャレンジ出来たかも知れない。

10分:右CKでタツヤの前に相手3枚が入っている状況で味方3枚をマークにつけてしまった。合計6枚となりハイボールへのチャレンジが困難となってしまった。
→瞬時に判断し自分が強く対応できる状況下をタツヤ自身で作り出して欲しい。

22分:左CKからゴールエリア中央ら辺のハイボールにチャレンジ出来なかった。
→キッカーの蹴る足を見てポジショニングを1〜2歩高い位置で対応していればチャレンジできたか?ゴールエリア内のハイボールはGKの責任。

24分:失点
右サイドを突破〜1対1〜構えの高さが定まらずフワフワしている(プレジャンプ?)ため反応できず後ろに倒れるだけで触れず失点。
→相手のゾーンおよびシューターとの距離、シュートコースに応じた構えの高さを判断しなければいけない。
→1タッチ、2タッチ目の進入でもっと間合いを詰めたい。ポジショニングをもっと前へ

28分:DF裏のボール処理〜足でクリア
→相手FWの走るスピードや距離で蹴るのか、エリア内でキャッチするのかを判断しなければいけない。
ちなみにクリアした場所がエリア内だったのでキャッチは出来たはず。
結果論だがクリアしたボールが相手に渡ってしまっている。

30分:左クロス〜ハイボールをキャッチするポイントが低い、もっと前でより速く奪う。

32分:相手のカウンターに対してポジショニングがゴールに戻り過ぎ、相手が触る瞬間も動いているため大きくなったボールタッチなどを狙うことができない。
→相手が触る瞬間に構えるためにクロスステップからのバックステップへの切り替えをいつするのか判断しなければいけない。

34分:中央を突破され1対1〜間合いを少し詰める〜足で防ぎ難を逃れる。
→間合いを詰めるタイミング、間合いを詰めるスピードを上げる。足で防げたのは相手のシュートミスのおかげ。

35分:失点
左CK〜ニアへのハイボールにチャレンジするものの触れず無人のゴールに決められる。
→ハイボールへのチャレンジは悪くない。あとはパンチングのやり方、回転しながら昇龍拳みたいなパンチングはNGです笑

ーーーー
1対1の対応は今年の年間テーマなのでまだまだ改善中だが、全く止められない訳ではない。
ただ相手のシュートミスに助けられている部分も多い。
もっと間合いを詰めるタイミングを見逃さないこと、瞬発力を持って素早く間合いを詰めること。
そしてカウンター時の戻りながらのポジショニングの取り方や相手が触る瞬間に合わせてクロスステップからバックステップへの切り替えの判断などをやらなければいけない。
ーーーー

【後半】0-3
2分:バックパスの繋ぎ、難しい選択をしすぎ、チームとしてプラスに働くのかマイナスになるのかを考えること。後半立ち上がりの時間帯ということも考えないといけない。

7分:スルーパスに対してのポジショニング○、その後もっと速く詰められるとさらに良い。
17分:DF裏にスルーパス〜1対1の対応○
ポジショニング、詰めるタイミング、構えるタイミング◎
21分:リスタート、ロングボールの質。ライナー性のボールを狙うなら高さと速さの調整を。その前のゴールキックで蹴ったボールの質は良かった。

24分:失点
センターサークル付近で奪われショートカウンター〜中央へスルーパス〜奪う事が出来ず後手の1対1の対応〜振り切られて失点。
→スルーパスに対してフロントダイブで防げたorエリア外でクリア出来た。
GK有利のボールに対してポジショニングを取ろうと戻り過ぎたため狙う事が出来なかった。

26分:失点
左サイドからクロス〜低くて速いボールのため出れない〜ファーサイドで折り返し〜詰められて失点。
→まずクロスを上げさせないコーチング、そしてクロスを上げられる前にマークを付かせるコーチング。
→クロスに対してのチャレンジorステイの場合のポジショニング

28分:左CKにチャレンジするものの触れず失点にはならなかったけどやられるパターン。
→パンチングを振り過ぎて当てられない。ボールに対して直線に、チャレンジの判断は合っている、あとはプレーの仕方を。

29分:左CKにチャレンジするものの触れず、、。
→こちらもパンチングを振り過ぎ、そして出たら何が何でも触ってコースを変えなければならない。失点にはなっていないが失点する典型的なパターン。

37分:失点
右サイドDFのバックパスが弱く相手に取られる〜中央へクロス〜ファーサイドで合わせられ失点。
→バックパスを受ける位置と相手のプレッシャー強度で受けないという判断も出来るし、パスを強く貰うことも要求できた。コーチングとポジショニングのミス。
→相手に奪われた後、中央へのクロスボールに対して見送らずステップを運べたところまでは○
→最後のシュートブロックで身体が逃げて面が作れなかった。あそこまでステップが出来た分もったいなかった。
→完全に不利な状態だが防げる可能性は十分にあった。シュートブロック時に身体の面をシュートコースに投げ出せば防げた。もっとボールにアタックしないといけない。

ーーーー
後半スタートのバックパスからの繋ぎは難しい、あれがサイドへの繋ぎならまだリスクは少なかったが中央で奪われたら即1対1になってしまうゾーンへのパスは時間帯、状況を考えれば好ましくはない。
前半失点に繋がったCKからのハイボールをパンチングでのクリアミスにビビる事なく、チャレンジを続けられたのは○
しかし、ゴールを空けて出ている分やはり何としてでも触らなければならない。
外から観ていて高さ的にもタイミング的にも触れるボールだった、本人も触れる高さと。
パンチングで飛ばす事を意識し過ぎて振り過ぎるのはよくあるパターン。コンパクトに当てるだけでもボールの勢いを利用して反発させて遠くに飛ぶという感覚を身に付ければココのミスは少なくなるかな。
1対1の対応は前半に比べて後半は格段に良くなっている。
試合中に改善出来る事は◎、欲を言えばもっとアグレッシブにボールを奪う事を意識してほしい。
あとは戻る、構える、奪うの判断とプレースピードを上げる必要がある。これは必須。
ーーーー

6失点の内訳はクロス系3失点、1対1系3失点。
6失点してるが同じくらい決定的な場面を防いでるのも事実。
先週試合に出たU13ケイタよりも書いている内容が多いのは、狙いを持ってチャレンジ・トライをしている回数の違い。もちろん相手の強さと決定的なシーンの数でも変わる。

特にCKからのハイボールへの3回のミスは決して無謀なチャレンジではなく、むしろよくチャレンジしていると思う。あの範囲を守れる中学年代のGKは少ない。

1対1での対応は後ろから前に詰めていく部分は良くなっているが、カウンター気味の前から後ろに戻って間合いを詰めていく、ファーストタッチを狙う部分はもっとやらなければいけない。
まず相手の目線や足元にボールが入る角度、ゴールとの距離などの状況判断から相手の選択肢をイメージ・限定する能力を高めたい。

キックの部分は成功率をもう少しあげたい。
ただボールを繋ぐのではなく、より速くより受けやすいボールの質を。
何度がミドルパスやライナー性のパントキックなど良いキックはあった。あとはその回数をどれだけ高めて安定できるか。
ここから更に飛距離を伸ばしたいなとも思う。

チャレンジしての失点・ミスから学べる事は必ずある。
ネガティブにならずポジティブに。

ミスをしない、失点をしないで成長したGKは皆無。

みんな経験している。そこからプロになる選手、一流の選手は学び自分を高められる人

どこまで高められるかな?

-GKトレーニング, GKブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.