【気持ちには引力がある!】GKトレーニング2018年5月15日(火)

投稿日:2018年5月16日 更新日:

GKトレーニング@美原中
2018年5月15日(火)
選手:U14タツヤ、U13ケイタ

今週末のU15とU14の公式戦へ向けてトレーニング開始。

U13ケイタはチャンスです!

というのも土曜日の試合は体育祭のためタツヤが不在。

去年のタツヤよりも早く公式戦デビューしそうですね。

まあタツヤよりもGKとしての経験値があるので当たり前っちゃ当たり前ですが、、。

シュートストップなどを観ているとやはりポテンシャルの高さを感じます。

ただTJYに入ってから取り組んでいるのは準備の部分だけです。

今週末の試合で求めることは
・どれだけ良い準備が出来るか
・シュートを見送らない
・チャレンジする事
・消極的なミスをしない(チャレンジしてのミスはOK)

の4つです。

去年のタツヤにU15デビュー戦で求めた事と同じですね。

GKスクールの方は健太GKコーチが担当しました。

ワイワイガヤガヤ賑やかでしたね笑

合間にちょっと観ましたが怖がらずにセービングが出来るようになっている子がいました!

確実に成長してますね!(貫禄も出てきたかな?笑)

楽しみながらも真剣にやる所、集中しなければいけないトレーニングの時にやれるともっと変化が起きますね!

子どもたち自身でスイッチを入れてください!

中学生たちのトレーニングではタツヤとほぼ同じメニューをケイタも行いました。

なかなかキツそうでしたが笑
何とか食らいついてましたね。

タツヤの方は体育祭の練習で6時間体育?だったらしく疲労感があり、いつも止められるシュートが入ったりと思うようにプレー出来ていませんでしたね。

その悔しさから色々ありましたが、、、
(涙の数だけ強くなれるよ〜笑)

本気だからこそ得られる感情です。

本気だからこそ気付けるところです。

彼が本気だから自分も1つでも多く伝えたいとなります。

『気持ちには引力がある』

U17日本代表監督・森山佳郎さんの言葉ですね。

その通りだと思います。

観ている人、関わっている人を引きつける(惹きつける)事ができる選手に。

応援したくなる選手、応援される選手に。

だからこそ身体が疲れている時こそ、頭をフル稼働して準備の質を高めなければ行けません。

疲れているからポジショニングに入るのが遅れたり、構え方が崩れる。

結果的にシュートへの対応が遅れたり、ファンブルが発生します。

疲れている時こそ基本に忠実に!
ブレない技術を身につけてほしいです!

そしてピッチ上で疲れている感じや上手くいってない時に弱さは出してはいけません。

自分の状態が悪い時こそ堂々と立ち振る舞い強気に!

-GKトレーニング, GKブログ
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.