【一部だけでなく全身を使い爆発的なパワーを作る!】GKトレーニング2018年6月7日(木)

投稿日:

GKトレーニング@美原中

選手:U13ケイタ

コウキはフィールドで身体を動かし、タツヤは見学です。U15が延期になったので休める期間に休むことも重要です。筋肉を痛めている所を回復するのももちろんですが、1番はメンタル面、GKをやりたくてウズウズしているのが見学している姿を見てめちゃくちゃ分かります笑

そういった気持ちの部分でもエネルギーを蓄える期間にしてくれればと思います。

さてケイタの方は1人ということでみっちりと出来ましたね!

いつものボール2個のウォーミングアップから
股関節周りの可動域を出しながらのキャッチング
そこからステップ、ジャンプ系をやりながらローリングやハイボールを行いました。

ハイボールを取りに行く際にもっと高くジャンプしてほしいですね。

中学1年生で筋力が少ないというのが原因ではありません。
身体を上手く使えていないからジャンプが低いんだと思います。

ではどうすれば高くジャンプできるのか?

この部分に関してはヒントを与えながら考えさせてます。

この日のヒントは、、、
高い遠くへ飛べる速い

見学していたタツヤからのヒントも良い所をついていましたね〜
手と足を同時に上げる

この2つのヒントから来週どれだけジャンプ動作が向上しているか楽しみです。

この後はファーサイドのハイボール処理の導入として

ボールなしで動作作り、しっかりとイメージ作りながら後ろに走りジャンプは前に、さらに身体もボールの軌道に合わせて正対させる。

意外と難しいんですよねファーサイドのハイボールって
出来るようになるとなんであんなに手こずってたんだと思いますが笑

試行錯誤しながら良い感覚のプレーを知って反復して身につけてほしいと思います。

最後は合流してシュート練習を行いましたが、味方を動かすコーチングがもっとほしいですね。

間合いを詰めるとか狙いを持ったプレーというのはGK経験値があるからある程度は出来ます。

これをタツヤが見学している時にどれだけ盗めるのか。

ケイタの場合は弾いた後のセカンドアクションですね。起き上がりが遅い。
これも身体の使い方ですね。

やはり小学生年代でコーディネーション系のトレーニングをもっとやってほしいですね。

まあウチでやっていればそのうち身に付くんでしょうけど、、、

小学生の時に地区のトレセンに選ばれているだけにそういう所も見てほしいなと(GKコーチいるか知らないですが)

未だにつま先立ちで構えろ!という人もまだまだ日本にいますからね〜

日本のGK育成が向上しないとW杯では勝てませんね。

川島選手は間違いなく実績などを考えれば日本一のGKだと思いますが、世界から見ればフランスリーグで降格したチームの守護神です。

なぜ、そのレベルで国のトップ?というのが正直な評価でしょうか。

逆にドイツ、ブラジル、スペインとかみんなGKはトップクラス。じゃんけんで出るやつ決めても良いくらい豪華笑

プレミア、リーガを優勝したチームのGKがサブに入るレベル笑

豪華やな〜そういうトップクラスの選手がたくさんいると子どもたちにも憧れのポジションになってGKやりたいって子は増えますよね。

そこら辺の違いが世界トップと日本の違いですね。

まあそんな事言ってたってなかなか変わらないので笑

GKコーチの皆さん!頑張りましょう!
自分は所沢の地から地道にGK育成をしていきます!

-GKトレーニング, GKブログ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.