【ハイレベルな基礎があるからこそ応用・発展ができる!】GKトレーニング2018年6月26日(火)

GKトレーニング@美原中
選手:U14タツヤ(U13ケイタは見学)

蒸し蒸しとする暑さ、動かなくても汗が出るような日本の夏になってきました。

この日もタツヤとマンツーマンです。

日曜日から新しいサイドステップのやり方にトライしていますが、この日も継続です。
ベースとなる基本的な動作を1年かけて身体に叩き込みました。

そのベースに新たな動き方を加えてさらに能力を高めていきます。

今までのベースが筋肉で動く、力で動くとしたら新しい動き方は重心移動・身体を上手く使って、脱力ゆるめて動く感じです。

1年かけてまずはGKとして必要最低限の筋力(GKの動作に必要なもの)がついたかと思います。

個人的には筋トレが好きではないし必要ではないと思っています笑

GKの動きに必要な筋肉はGKの動きをして鍛える事がベストだと思います。そして筋肉をつけるよりも身体を上手く使う、全身の細かい筋肉を使えるように、無駄なく力まずカッコよく動けることを求めています!

ちなみにこの新しい動き方の導入はタツヤが入団した時からイメージしていました。

3年間で動き方に関しては1年毎にバージョンアップして行くイメージです。

①ベースとなる動き方を身につける
②新しい動き方を身につける
③状況に応じで最適な動き方を使いこなす

TJYを卒団するまでに身につけてほしいですね!

トレーニングでも新しい動き方を入れたメニューを行いました。
あとはどれだけ意識して繰り返し無意識か出来るか。

ベースの動き方が無意識で出来るようになっているため意識しないとベースの動き方になります笑

新しい動き方、ステップの使い方をやってからセービングの範囲が広がったような気がします。(おそらく思い込みですが笑)

継続してさらに上手くなってほしいですね。
そしたらもっとGKが楽しくなります!

またこの日はさらに新しい2つの事にトライしました。

まずはアンダーハンドのキャッチングです。

今までの基本はボールをしっかりと迎えに行くキャッチングでした。
U13のカテゴリーであればそれほど強いゴロのシュートは飛んでこないのと基本のアンダーハンドのキャッチングを身につけました。

しかし今年からU15を主戦場に戦うようになって強いシュートが飛んでくる事が増えてきました。
この先のユースカテゴリーや大人のカテゴリー、プロになればなるほど強いゴロのボールは飛んでくるかと思います。
そのためにもう1つのアンダーハンドのキャッチング方法にトライしました。

こちらは迎えに行く時間がない速いボールという想定で、どちらかというとボールを掴むとかその場に留めるイメージのアンダーハンドのキャッチングです。

海外のGKのプレーでは結構見る形ですが日本ではあまり見ませんね。

もう1つはローリング・セービングの新しい動き方です。

今までであればプレー方向の足で踏み込みローリングやセービングを行なっていました。
これはサイドステップやクロスステップを入れた状態のプレー(ローリングやセービング)でも同じ形でしたがこの日取り入れたのはプレー方向と逆の足で踏み込む事です。

右方向にプレーする時、いつもなら右足で踏み込んでいましたが新しい方法は左足で踏み込みます。
要は足がクロスした状態で踏み込むイメージです。

この新しい方法を身につけるとさらにセービングで守れる範囲が広がりますね〜

GKの1番の面白さでもあり仕事でもある『シュートを止める(奪う)』部分のパフォーマンスを上げれれば良いかなと思います。

小学生のスクールの方は今日も楽しそうにやっていましたね笑

本気でやり、本気で楽しんで、本当に上手くなってほしいですね!

最新情報をチェックしよう!
>公式YouTubeチャンネルで情報を発信中!

公式YouTubeチャンネルで情報を発信中!

GKトレーニングや情報を発信中!
パーソナルトレーニングの様子なども見ることが出来る。
チャンネル登録といいねをよろしくお願いします!

CTR IMG