【積極的休養も大事なトレーニング!?】GKトレーニング2018年7月1日(日)

投稿日:

GKトレーニング@おおぞらG
選手:U14タツヤ

もう2018年も半分が終わってしまいました。
時が過ぎるのは早いですね〜
そして灼熱地獄の日々に入ってきました。

夏はサッカーやるにしても水泳とかプールとか海でトレーニングをするのもありですね

ウォータースライダーをフロントダイブの体制で滑って行くとか笑
水面にダイブするとか、砂浜でフィジカルトレーニングやるとか、、、楽しそうだな〜笑

そろそろ夏合宿のメニューを考えないとですね。

去年は3日間で1000本キャッチ!改め1500本キャッチを行いました。
終わってから気付いたのは1人1500本×3人=4500本

キャッチミスはカウントしないからだいたい5000本くらいを3日間で2人のGKコーチが蹴り続ける、、、あれ?1番トレーニングになってるのってGKコーチの2人なのでは、、、

という事実に気付いたのが夏休みの終わりの頃。

なんかキックの精度上がってるな〜あんまり疲れないな〜と効果を実感し始めた時でしたね笑笑

今年の夏合宿は何をテーマにやろうかな〜と考えるだけで楽しみですね!

さてこの日は公式戦の翌日ということで激しいトレーニングというよりも積極的休息アクティブレストを意識したトレーニングを行いました。

急に暑くなりフル出場で戦った公式戦

怪我に繋がらないように疲労回復を促すことがベストかなと(決して暑過ぎて僕がトレーニングをしたくないとはなっていませんよ笑)

タツヤのw-tpの定番となりました骨ストレッチから可動域を出す動的ストレッチへと繋げました。

その後は正面キャッチとキックを交互に数セット行いました。

僕は素手でキャッチングを行いましたがまだまだキャッチングのスキルでタツヤには負けませんね笑

キャッチをする際の形と力の入れ具合等身体で覚えるまで反復する事が大事です。僕が中学生の時に今と同じキャッチングのスキルがあったかといえばありません。むしろファンブルだらけ、そんなスキルだった選手も反復をする事で高められます。正しいキャッチングを意識して反復する事が重要です。

その後はパンチングリフティングや片手キャッチ、ボール2個でハンドドリブルなどを行いました。遊びながらボールフィーリングを高めていくメニューですね。

こういったメニューがとても重要です。

またキャッチボールでもキレイなバックスピンのボールだけでなく、サイドスピン、無回転などどうやったら投げれるのか試行錯誤する楽しさがあったり。

ドリブルしながら会話したりなどなど

ゆる〜いトレーニングのようで頭はめちゃくちゃ使う内容を行いました。

本人は気付いて無いと思いますが、、、笑

キツいトレーニングだけが成長に繋がる訳ではありません。

選手の体調、状態、疲労感、その日の環境も考えて

積極的休息アクティブレストも必要不可欠です!

-GKトレーニング, GKブログ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.