【ドイツへ旅立つGKコーチ!】GKトレーニング2018年7月3日(火)

投稿日:

GKトレーニング@美原中
選手:U14タツヤ、U13ケイタ

連日の猛暑に比べると風もあり涼しい日になりましたが、、、

ロシアW杯の日本vsベルギー戦をリアルタイムで見たのか若干眠そうというか集中出来てない上の空が1名いたので、、、笑

単純なステップとジャンプ動作を入れたキャッチングなどシンプルでフィジカルに負荷をかけるメニューを行いました。

毎回のトレーニングを集中して100%で取り組まなければいけませんが、、、
まあ人間ですし、ましてやまだ中学生。比較的ほぼ毎回集中して取り組んで来ましたが体調、気持ちが揃わない日もあります。

そういう日にいかに他人にバレずにやり過ごせるかというのも非常に重要なスキルな訳で笑

それは試合でいえば失点しても何事も無かったかのように振る舞えるのか

失点して「やられた、、」と弱い部分を見せてしまうのか
同じ失点をするにしてもその後の姿勢、振る舞いでさらに相手に勢いを与えてしまうのかどうかに関わってくると思います。

GKはピッチ上で、ゴール前では演者にならなければいけません。

例え自分のミスで失点しても落ち込まず、次は絶対止めてやるという雰囲気を醸し出して行く。

そういった意味ではトレーニング中でも100%ではない日でも100%に近い状態、集中してるぞ!っていう風に見せなければいけません。

集中していないとこれから出会うGKコーチには雷を落とされるかもしれませんしね、、笑

ケイタはこの日から少しずつメニューをこなして行く形です。

今週末にあるトレセンに100%に近い状態で臨めるかどうか、彼次第ですね。

トレセンで上を目指す事は良いと思います。
チームというよりも個人として肩書きを得られますからね
でも所詮肩書きです。例えナショトレに入っていてもプロになる選手はその中でも一握り。逆にトレセンに入っていなくてもプロになる選手はいる。

やはり大事なのは普段の日々を過ごす所属チームでの活動、トレーニングです。
トレセンの日だけ頑張っても成長は出来ません。

そしてトレセンで評価を得ても僕たちの評価は変わりません。
その逆もそうで、例えトレセンで評価されなくても僕たちは評価をします。

その良い例がタツヤだと思います。(まあコイツの場合色々と特殊ですけどね笑)

トレセンの下の方になればGK指導が出来ない、GKコーチがいない所はまだまだあります。

そういう環境で1日を過ごすくらいなら、、、

GKコーチがいるウチで1日を過ごした方が自分のためになると思ったのが彼なんですけど、、笑
色々と楽しませてくれるヤツですね〜本当に!

そして、主に小学生のGKスクールを担当してました健太GKコーチですが、、、

この度、7月からドイツ🇩🇪へサッカー留学に行く!!!
との事でこの日が最後のGKスクールでの指導となりました。

スクール後、小学生GKの子たちを集め健太コーチからお別れの挨拶をすると、、、

「ノイアーのサイン貰ってきて!」
「俺は原口の!」「香川のサインも!」

あれ?涙を流して感動的な別れになるはずが、、、笑

きっと彼らなりに悲しい気持ちを押さえ、夢を追ってドイツへ挑戦する健太コーチを明るく送り出したんですね!(たぶん!笑)

という事で来週のGKスクールから、、、
誰がトレーニングを担当するのか、お楽しみに!

健太コーチのTJY同期も集まってくれましたね。TJYを卒団して数年経ってもこうやって集まれる仲間は素敵ですね〜

GK大国ドイツで自分を磨いて来い!

Viel Glück! Kenta!

-GKトレーニング, GKブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.