ゴールキーパー専門サイト・パーソナルトレーニングも実施中!

三上綾太/GKコーチ 公式サイト

GKブログ

中学生ゴールキーパーが左右両足でボールを蹴る!ディストリビューションの幅を広げよう!

投稿日:2019年5月9日 更新日:

Hola!三上です。

 

皆さんは両手両足でボールを扱えますか?
左右関係なく使えるようになるだけでゴールキーパーの攻撃参加はもちろん。

相手から激しいプレッシャーを受けても、両足でボールを蹴れることで落ち着いてプレーできることもあります。

 

私は左足はあまり蹴れませんが、、、笑

 

自分自身の経験から早いうちに左右両足のキックを蹴れるようになると良いと思います。
高校三年生の時に浦和レッズのトップチームに練習参加をした時に左足が当たり前のように蹴れなければトレーニングに付いて行くことすら出来ません。

当時は天然芝のピッチのおかげで何とか誤魔化せましたが、、、笑

普段のトレーニングから両手両足を使う

最近のGKトレーニングではU15タツヤとU14ケイタは意図的に両手両足を使うようにしています。
まずは利き足で当たり前のようにボールを蹴れるようになっていなければいけないというのが絶対条件だと思います!

 

ケイタはリハビリ期間のため軽いメニューで調整しています。利き手でボールを投げるのは当たり前です。

利き手ではない左手でボールを投げると少しぎこちないですね笑

右手と同じように左手でも投げれるようになると良いですね!

 

投げるだけでなくキックも両方行います!

スローよりもキックの方が試合中に使う場面は多いと思います。

 

私の場合は右足のサイドボレー(パントキック)でアウト気味に蹴り曲がるボールを蹴ることがありました。
右足のインスイングによるカーブと左足のアウトスイングによるカーブは曲がる方向は一緒ですがボールの質は異なります。

なので両足で蹴れるようになるとキックの種類は豊富になります。
これが出来るとディストリビューションの幅は格段に広がりますね!

 

そのためにも正面キャッチのボレーキックなど両足で蹴る機会を与えてあげると良いと思います。

小学生から高校生くらいであれば身につくのが早いと思います。

ディストリビューションするためにはボールをキャッチする事が絶対条件

サイドボレー(パントキック)のやり方を教えてください!という質問はたくさん来ます。

もちろんボールを蹴れるようになるという事は大事です!
しかしサイドボレー(パントキック)をするためには何が必要ですか?

 

 

ボールをキャッチする事が絶対条件ですよね!

ボールをキャッチするからこそディストリビューション(フィード)をする事が出来ます。

 

ゴールキーパーの仕事はゴールを守ることです。
それに加えて攻撃参加が求められています。

キックのトレーニングと同じくらいキャッチングのトレーニングもしないといけません!

 

ボールをキャッチする瞬間はシュートストップのシチュエーションだけではありません。
例えばクロスのシチュエーションでもハイボールをキャッチしてインターセプトをする場面もあります。

実際に試合中で多いディストリビューションの場面はクロスやコーナーキックのボールをキャッチしてからが多いと思います。

カウンターとして成功する場面が多い印象があります。

 

この時に左右両足でボールを蹴れるとキャッチした流れからスムーズに攻撃に移れると思います。

タツヤもケイタも左足のサイドボレー(パントキック)はハーフラインを越すくらいまでは蹴れるようになりました。

ケイタの方が安定感がありますが高いボールが多いイメージです。
逆にタツヤはライナー性のボールを蹴れる事もあります。

 

2人とも利き足ではないのに良く蹴れますよね笑
私が中学生の時は蹴れなかったのでシンプルに凄いと思います!

プレスキックも両足で蹴れると幅が広がる

サイドボレー(パントキック)は遠くに飛ばすだけなら案外逆足でも蹴れてしまうものですが置いてあるボールはそうはいきません。

 

試合中に右側(利き足側)からプレッシャーを受けて左足(逆足)でロングボールを蹴ろうとするもののミスキックで目の前のFWに渡してしまい失点してしまった経験があるゴールキーパーは多くいると思います。

そうならないように置いてあるボールを逆足で蹴れるように練習が必要です!

タツヤの場合は左足でもハーフライン手前くらいまではボールを蹴れます。
指の怪我でフィールドとして公式戦に出ていた時も左足でパワフルなシュートを放っていました笑

置いたボールのトレーニングをするならシュートを打つのが1番だと思います。
遠くに蹴るというよりも速くて低い弾道のボールを蹴ることを意識した方が良いかもしれません。

利き足はストレートのボールだけでなく曲がるボールを蹴れると幅が広がると思います!

 

ここら辺は遊びの要素が大事だと思います。色々な球種を蹴れるとキックが楽しくなりますよね!
ストレート系でも速いボールだけでなく、ひと山越えるようなロブのボールやバックスピンを強くかけてワンバウンド目で失速させるようなボールなど様々です!

やはりサッカー選手なので自由自在にボールを蹴れるようになると戦術の幅が広がります!

 

中学生ゴールキーパーが左右両足のキックにチャレンジした動画はこちら!

実際にGKタツヤとケイタが左右両足でボールを蹴っている動画はこちら↓(チャンネル登録もお願いします!)

中学生ながらこれだけ蹴れるとこれからどれだけ蹴れるようになるのか楽しみですね!
練習試合では左右交互にサイドボレー(パントキック)を蹴るなどチャレンジしてほしいですね!

 

 

それではadiós!

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.