スペイン2部A.Dアルコルコンのカンテラ(下部組織)のGKトレーニングを視察!

投稿日:2019年4月5日 更新日:

Hola!三上です。

 

現在スペインにいます!
私が最初の挨拶でHola!と言っていますが
これはスペイン語です。英語で言うHelloと同じ感じです。

今は現実世界でもHola!と挨拶を交わしています笑

スペイン2部A.Dアルコルコンキャンプ

今回は仕事の関係で
スペイン2部のA.Dアルコルコンの
カンテラ(下部組織)キャンプに帯同しています!

全国各地から参加しており1番下だと新小学3年生、上が新中学2年生の子たちです。

 

この年代から海外でサッカー
初飛行機に初海外!
行き先がスペインなんて羨ましい限りです笑

1つでも多く何かを日本に持ち帰ってほしいと思います。

スペインのゴールキーパー育成現場

今回参加している子たちは全員がフィールドの選手なので
ゴールキーパートレーニングをじっくりと観ることは出来ませんが
同じピッチでやっているカンテラのゴールキーパートレーニングを観ることが出来ました。

この2人は8歳のゴールキーパーです!
日本でいう小学2年生の年代ですね!

日本人からすると驚くポイントになると思いますが
小学2年生にしてゴールキーパーを専門とする子がいます。

 

またこの年代でもGKコーチがしっかりと横にいてコーチングをしていました。

他のカテゴリーもゴールキーパートレーニングをしていたので
カンテラ(下部組織)だけでGKコーチは4〜6人くらいはピッチにいたかと思います!

 

他のピッチでもユース年代がトレーニングをしているのでGKコーチの数はもっと多いのかもしれません。

戦術的なポジショントレーニング

日本の子どもたちが参加している8歳のカテゴリーで
選手をフォーメーション通りに配置しシュート練習が行われました。

 

ちなみにスペイン人の子どもに話を聞くと
これはシュート練習ではなく、ポジションの練習だと言われました。

 

センターバックからボランチの選手へ
そこから落としてセンターバックからサイドハーフへ飛ばしのパス
そこからもう一度ボランチを経由して逆サイドハーフへ
そこからクロスを入れてフォワードと逆サイドハーフが中で合わせる。

 

このようなトレーニングを日本でこの年代が行なっているのを見かけたことがあまりありません。

何よりこの年代でサッカーを理解しているという点に驚きました!
このポジショントレーニングはゴールキーパーも実際にゴールを守って参加していました。

 

この時にGKコーチが話していたのは
クロスを蹴られるポイントに対してのポジショニングと
シュートに対するポジショニングの部分です。

 

8歳の子にゴールキーパーとして
ポジショニングの確定要素を伝えて理解して貰うのはかなり難しいと思います。
GKコーチがマーカーとコーチング、デモを観せて子どもたちに目と耳から情報を与えます。

その後、子どもたちは当たり前のようにベストに近いポジショニングを取っていました。

この部分もサッカーの理解度、そしてゴールキーパーを理解していると感じさせられました。

 

プレーしているのはたった8歳の子どもです。
でも紛れも無い1人のゴールキーパーが立っています。

GKの専門的な理論と知識は早い段階で知るべき

ゴールキーパーの専門的な理論と知識はなるべく早い内に知るべきだなと痛感させられました。

小学校低学年の年代からゴールキーパーの専門的なトレーニングを積み重ねているスペインでワールドクラスの選手が生まれるのも頷けます。

 

さらに驚きだったのがポジショニングだけでなくブロッキングの指導もされていたことです!

つま先とかかとをくっつけて股下を塞ぐこと
手も使いながら台形を意識して作ることなどポイントをしっかりと伝えていました。

 

8歳でブロッキングのテクニックを身に付けている日本人のゴールキーパーがいるのかどうか、、、
いや8歳でゴールキーパーを専門的にプレーしている選手がいるのかどうか、、、

それくらい大きな差がある事だと思います。

ゴールキーパーが育てる環境がある

日本の育成年代の多くが土のピッチでサッカーをしているのが現状です。
日本でゴールキーパーが育たない要因の大きな割合を占めているのが土のピッチという環境のせいだと思います。

 

ダイビングで着地した際に土のピッチだと大きな衝撃を受けてしまいますが人工芝や天然芝だと衝撃を和らげてくれます。小さい子どもが思いっきりダイビングしたり寝っ転がったり出来る環境が海外は整っています。日本のゴールキーパーがレベルアップするためにはGKコーチの質を高めて量を増やすことも必要です。それに加えて人工芝のピッチを増やすことが必要不可欠だと思います。

私が指導している埼玉県は47都道府県の中で1番人工芝のピッチが少ない県らしいです。
日本全国で人工芝や天然芝のピッチが増えていけばサッカーのレベルはもっと向上出来ると思います!

 

私も将来は自分の人工芝のピッチを持ちたいものですね笑
好きな時間に指導が出来たりパーソナルトレーニングが出来る場所を持てると良いですよね!

 

 

それではadiós!

-GKコーチ, GKブログ, 海外の育成現場
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.