小学5年生でもダイビングで横っ飛びできるようになる!?ゴールキーパー専門のパーソナルトレーニングで進化!

更新日:

Hola!三上です。

ついに令和元年を迎えましたね!
平成でも令和でも変わらず1日1日を大切に過ごしていきたいと思います!

そんな令和1発目の記事はGK専門のパーソナルトレーニングの様子をご紹介したいと思います!

個人に合わせたGKトレーニングメニューとプラン!

GK専門のパーソナルトレーニングでは基本から応用までゴールキーパーの専門トレーニングを個別に行なっていきます!

チームでは専門的なゴールキーパーのトレーニングを受ける環境がない。
またGKコーチがいるが個人の課題克服ができない子には向いていると思います。

私のパーソナルトレーニングでは

まずその子が何をどうしたいのかを聞きます。
その子がどんな壁にぶつかっているのか
何を出来るようになりたいのか、どんなゴールキーパーになりたいのかを聞いて

その子に合ったトレーニングメニューとプランを即座に考えます。

待ちに待ったパーソナルトレーニング!

今回一緒にトレーニングをしたのは小学5年生のゴールキーパーです!

フミヤとは4年生の時から何度かGKトレーニングをしたことがありました。

前からGKスクールはやっていますか?
個別にトレーニングをお願いすることは可能ですか?
などお母様からご相談を受けていました。

最近パーソナルトレーニングを始めたのを知っていただき早速トレーニングをすることとなりました!

海外遠征で味わった悔しさをバネに

フミヤは先日シンガポールで行われたアジア最大級の国際大会にソサイチ日本選抜の一員として参加しました。

本気でアジアの強豪たちと闘い、最後の一戦では負けてしまい悔し涙を流しました。結果は残念でしたがこういった経験は非常に重要だと思います。

日本人に勝ったり負けたりするのとはまた違う、特別な感情やエネルギーが生まれるのも海外遠征の良さだと思います。

このシンガポール遠征の失点シーンを聞いてる内にダイビングを強化したいと口にしたので、この日のトレーニングメニューはダイビングをテーマに行うことになりました!

ちなみに余談ですが、所沢ジュニアユース所属のU15GKタツヤとFPタクミも中学1年生の時にソサイチ日本選抜としてシンガポールで同大会を闘いました。

タツヤに関しては私と本格的にゴールキーパーのトレーニングを始めてから1ヶ月経たないうちに海外遠征へ笑

その経験が活きているのか2人ともチームの主力として試合に出場し活躍しています!

基本技術の質を高める

ダイビングがメインのテーマですが基本技術のトレーニングも必ず行います。

質の高い基本技術を身につけることでスーパーなゴールキーパーになれます!
ということでプレジャンプからの動き出しを意識したメニューからスタートです!

ここからダイビングに必要なステッピングの要素も少し入れました。

私の中で良いゴールキーパーの条件の1つとして最高の準備が出来ることがあります。
そのためには速く動くこと、移動することが大事な要素に入ってきます。
そういった部分のトレーニングもしっかりと行います!

合図で動き出して素早く移動!
ボールが来るタイミングに合わせてプレジャンプをしキャッチング!

この質をどれだけ高められるかでゴールキーパーとして輝けるかどうかに繋がると思います!

まず怪我をしないための技術を身につけて安全確実にプレーする!

実際にダイビングで飛ぶ前にローリングダウンのトレーニングを行いました。

ローリングダウンの正しい動作や倒れ方が出来ていないとダイビングで横っ飛びの様なプレーは出来ませんし怪我に繋がる恐れがあります。相手のシュートを止めれても怪我をしてしまえば意味がありません。

まずは自分の身体を怪我から守るための技術を身につけます。

その上でプレーの質を高めるために、どこに足を踏み込んだ方がいいのか、身体はどの状態が良いのか、倒れる時はどこからどのようにして倒れた方が良いのかを細かく伝えました!

実際に目の前で観る経験

ローリングダウンをした後はダイビングの着地方法に関するトレーニングをしました。正しい着地方法を知ることで怪我の防止に繋がります。

GKコーチがコーチングで言葉として伝える能力はもちろん必要ですが、動けるうちは実際に観せて目からの情報を与えることも有効だと思います。

ということでまずはダイビングを!

しっかりとボールを捉える位置に向けて足を踏み込みます。

そこからダイビング!

安全確実に怪我をしない着地方法を意識して着地!
自分がプレーすることで伝えたいことが本当に正しいのか体験することが出来ますし、新たな発見があるかもしれません。

動けるうちはGKコーチが実際に動いて見せるのも1つの手だと思います!

小学5年生でもダイビングで横っ飛び出来るようになる!

怪我を未然に防ぐための着地方法を身につけた後は実際にダイビングをやってみました!

砂場などがあればそういったところでダイビングのトレーニングをやってみるのも良いかもしれません。砂がクッションの役割をしてくれるので痛みをあまり気にせずにダイビングすることができます!

どうやったら遠くに飛べるようになるのか細かいポイントをじっくりと確認していきました。

そこから実際に動くボールへのダイビングを行いました。

ボールをどの位置で捉えればいいのか、プレー方向はどこを意識するのかなど試合で役立つ部分も伝えながらダイビング!

小学5年生でも短時間のトレーニングでダイビングが出来るようになりました!

もちろん正しい理論と段階を踏んでいるからこそ1時間のトレーニング内で出来るようになります。

これを読んでやってみるのも1つだとは思いますが、怪我を予防するための技術を知らない状態でやるのはオススメしません。

トレーニングの様子とポイントを動画で振り返る

まだまだ完ぺきではありませんが今回のパーソナルトレーニングでポイントは理解できたと思います!

あとはこれを忘れないように反復して身につけてほしいと思います!

そして私のパーソナルGKトレーニングではトレーニングの様子をカメラで撮っています。

自主トレやチームでのトレーニングで意識できるように選手には、そのトレーニング中に伝えたポイントなどをまとめてコメントや図などを入れて編集した動画をプレゼントしています!

何度も何度も繰り返して観ているのは動画の視聴回数からも分かります!
やはり上手くなりたいという子は行動力がありますね!

パーソナルGKトレーニングのお問い合わせは下記フォームからお願い致します。

※対象は小学生〜高校生まで
※複数名でのトレーニングも可能です

それではadiós!

-GKトレーニング, GKブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.