【究極のハイレベルな基礎を身につけるためには!?】GKトレーニング2018年10月20日(土)

投稿日:2018年10月21日 更新日:

GKトレーニング@おおぞらG
選手:U14タツヤ、U13ケイタ

Hola!

この日はテスト期間という事で
少ない人数でのトレーニング

GKの2人はテストが終わっており

あっ、、、
点数が終わっている
という訳ではありません笑
(でもタツヤは少しぎりぎり、、、笑)

まあ大好きなサッカーを
思いっきりやるためには
ある程度の学力は必要です。

中学の時とか休まなくても
点数を取れてた気がしますが

ゆとり教育のおかげですかね?笑

ちなみにゆとり世代ですが、、、
好きでゆとりになった訳ではありません笑

そもそも
そのゆとり教育を決めたのは誰なのか
声を大にして言いたい

あなたたちの責任ですよ!笑

でも最近の子って
何かあまり効率が良くないですよね
(そう感じるだけ?)

例えば塾に通う子

偏差値の高い進学校を目指してて
尚且つ学校の勉強で物足らないなら
行くべきだと思いますが

学校の勉強が出来ていないのに
行っている子は

なぜ?と思います。

いや学校の勉強に追いつけないから
塾に行ってるんですよ!
って子がいますけど

学校の勉強に追いつけないのに
塾の勉強入れたら量増えるだけじゃん。

と自分は思います。

昔の日本的な考えで
質より量みたいな感じですかね〜

絶対学校の先生の方が
教えられる事が多いと思うし
テストの問題を作る人に
直接指導してもらった方が
点数も取れると思います。

まあでも

昔に比べて先生の質というのも変わってきた印象があります。

ここでもゆとりが、、、

となりそうなのでやめときましょう笑

学校の先生って、、、

「教員免許」

持ってますよね!

塾で教えている大学生とかは
持ってないんですよ

でも
それでも塾で教えてもらう

この考えがすごいな〜と僕は思います。

もちろん
教えてくれる大学生とかも
将来教員になりたい!
って人はいると思いますけど

その道のプロよりも
プロじゃない人に教えてもらう

違和感でしか無いんですよね〜

というか
学校でちゃんと勉強をしていれば
必要ないと思うんですよね

そうなってくると

「学校の存在意義は?」

というとてつもない話題になりそうなので

ここでストップ笑

この日は短い時間での
トレーニングということで

基本を徹底的に確認します!

僕の中では

『準備』

とまとめて考えていますが

その中でも

『構え方』と『キャッチングの仕方』に

フォーカスしました。

何気ない正面キャッチでも
正しく構えられているか?

ココを拘る選手
当たり前のように拘れる選手に
なってほしいですね

・足の幅(スタンス)
・つま先の向き
・重心の乗せる位置
・膝の角度
・手の置き方
・お尻の位置(骨盤)
・上半身の傾き
・肩周りのリラックス感
・首の角度
・頭の位置
・真っ直ぐ軸が通っているか

まだまだありますが、、、

構え方のポイントを言い出したら
キリがありませんね笑

これだけのポイントを自分の中で整理して

身体で表現できるかどうか
自分のものにできるかどうか

理想は構えてるけど構えてない状態です!

意識して意識して
無意識で出来るようになってほしいです。

それまでは強く強く意識して

正しい構え方

良い準備が全てのプレーを
生み出すと考えているので
拘ってやっていきたいところですね!

ちなみに使用しているのは
普通のボールよりも重いボール

キャッチングに必要な
筋肉にも刺激が入ります。

何より
重いシュートに対して力負けをしないために

力を入れるタイミングや
キャッチングポイントを
拘らなければいけません。

キッカーもキックの
トレーニングになりますね!

その後はダイビング系のトレーニングへ

ジャンプやステップ
切り返しの要素も入れました。

ジャンプが高い選手って
股関節が上手く折れますよね

多分足が速いという選手も
同じだと思います。

膝を上げるとかももを上げるのではなく

股関節を素早く折れるかどうか

ココを意識すれば
ハイボールでもダイビングでも
高さや距離が出せます。

踏み込む時に股関節は折れています。
そこからバネのように一気に伸びる!

伸びる!!!

その時に踏み込み足で
地面を蹴るとさらに遠くへ行けます!

どちらも片手で
しっかりと弾き切っています。

遠くても諦めずに身体を上手く使って

最後は空中で足掻くなり
気持ちで止めましょう笑

もちろん止めれるのは
テクニックがあるからですが笑

基本的な動作もハイレベルに出来れば
それだけで観ている人を魅了出来ます。

基礎のレベルアップは
永遠に取り組める課題です!

究極のハイレベルな基礎を身につけよう!
そのために強く拘ろう!

-GKトレーニング, GKブログ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.