GKコーチ GKブログ

【炎の守護神】W杯経験者の川口能活さんもGKコーチとして参加!2019ナショナルトレセンU-14(前期)

投稿日:

Hola!三上です。

 

 

5月23日(木)〜5月26日(日)に開催された2019ナショナルトレセンU-14(前期)東日本に関東帯同スタッフのGKコーチとして参加してきました!

選手・指導者の両方でナショナルトレセンを経験

僕自身ナショナルトレセンには中学1年生の時に参加させてもらってますが、指導者としても参加できたのは嬉しい限りです。

 

GKコーチを本格的に始めて4年目を迎えましたが、このタイミングでナショナルトレセンに参加できたことは自分にとって非常に大きいと感じました。

 

 

経験豊富な指導者の方々と一緒にミーティングやディスカッション。

 

そして素晴らしい可能性を秘めた子どもたちと一緒にトレーニングを出来たことで新たな学びもたくさんありました。

炎の守護神・川口能活さんがGKコーチとして参加!

そして昨シーズンに現役を引退した

「炎の守護神」とも称された元日本代表GKの川口能活さんもGKコーチとして今回のナショナルトレセンに参加していました!

 

 

僕自身、あのPKストップをテレビで見て構え方をマネしたり

YouTubeでスーパーセーブ集を観て

 

こういうゴールキーパーになりたいと憧れていた川口能活さんと

まさかGKコーチという指導者の立場で

ゴールキーパーの指導をしているのは驚きでしかありません!(選手よりも僕の方が興奮していたかもしれませんね笑)

 

 

短い期間でしたが

ピッチ内外で熱いゴールキーパートークをさせて貰えました!

 

 

日本でW杯を経験したゴールキーパーは3人しかいない。

その1人でもある川口能活さんの経験や考え

昔の話を聞けたのは自分にとって大きいことだと思います。

異なる武器を持つ4人のゴールキーパーたち

今回のナショナルトレセン前期では、U-13のゴールキーパーを担当しました。

 

北海道地域から1名、東北から1名、関東から2名の計4名でのトレーニングとなりました。

 

 

今回のナショナルトレセンにどんな選手が参加しているかは2019ナショナルトレセンU-14(前期)参加選手リストから確認できます。

 

 

それぞれ異なるタイプのゴールキーパーたちでしたが

全員に共通していたのはコーチングに耳を傾けて聞けること

 

そして自ら考えて答えにたどり着ける能力を持っていることでした。

 

 

4人ともこの短い期間で確実に成長して上達していました。

 

でも短期間で変化したことは忘れやすいと思います。

所属チームでも継続して身につけてほしいと思います。

 

 

所属チームでも指摘されていることを改めて指摘される子もいれば

そこはあまり言われてこなかったです。というポイントがある子もいました。

 

 

GKコーチの数だけ考え方があり、注目するポイントがあると思います。

充実したJヴィレッジのトレーニング環境

今回は常に3名のGKコーチ+川口能活GKコーチという形でトレーニングを行いました。

 

選手4人に対してGKコーチ4人という構図になります。

(1人1人にGKコーチがいるなんて豪華だよねと川口さんとも話しましたが笑)

 

選手たちのトレーニング環境としては最高の状態だと思います。

 

 

また今回の会場でもあったJヴィレッジのピッチ最高でしたね!

 

食事も美味しいビュッフェスタイル!

施設のスタッフの皆さんに感謝ですね!

特別なトレーニングメニューは存在しない

3泊4日で計6回のトレーニングが行われました。

 

基本技術の確認から

シュートストップ、ブレイクアウェイ、クロス、パス&サポートなど各シチュエーションのトレーニングが行われ

 

ゲーム形式中心のトレーニングもありました。

 

 

2019ナショナルトレセンU-14(前期)トレーニングメニューに関してはJFAのサイトに記載されていますので誰でも見ることができます。

 

 

見れば分かると思いますが特別なメニューは存在しません。

 

ナショナルトレセンで感じたのは

指導者のコーチングの質・考えさせる・気付かせるという部分

ポジティブな声かけでトレーニングが進んでいきました。

 

 

そのおかげで選手たちは

伸び伸びとトレーニング出来ていたように感じました!

異なる理論を持つGKコーチたち

GKコーチには人それぞれのGK理論があると思います。

 

 

どれが正しいというわけではなく

沢山の指導者に観られることでその子の引き出しの数は増えていくと思います。

 

 

そして同じポイントを伝えていても

言葉のチョイスで選手の受け取り方が微妙に異なる事もあります。

 

 

今回参加した子たちは

どの子も素直に各GKコーチたちのコーチングを聞いて考え判断してプレーを実行していました。

 

 

どの子も自分の中にパズルのピースを持っていたと思います。

それは所属チームでの活動で得ていたものです。

 

 

そこにたまたま合う形のピースが指導者から与えられて1つのパズルのなったり

違った角度から見ることで実は1つの絵になったりしていることに気付いたと思います。

 

 

だからこそこの短期間であんなにも成長できたと思います。

 

あとはそのパズルが崩れないように

所属チームで反復し繋がりを強固に、そしてさらに絵を広げていけるように頑張ってほしいと思います。

最終日の午前中は総括としてゲームが組まれました。

 

 

地域のGKコーチが2名ずつ担当して20分間のアップを行いました。

 

僕が担当した2人は共通してある部分を改善すれば全体的にさらに良くなると思っていました。

 

 

それは良い準備をすることです。

 

2人とも速く動くことはできますが

どこにどのようにすれば速く移動して良い準備ができるのかという部分は分かっていなかったように感じました。

 

 

そこでアップで行ったのはステップの最初の1歩にこだわるということです。

 

最初の1歩を改善することで速く移動することができ、良い準備に繋がりました。

 

 

結果的にシュートストップはもちろん。

ブレイクアウェイ、クロスなど様々なシチュエーションで良いプレーをすることが出来ていたと思います。

 

 

この良い準備が良いプレーに繋がるということを

最終日のゲームで感じてこれから意識して取り組んでくれるようになれば嬉しいですね!

常に伝える「チャレンジ」の重要性

ゲームに入る前に僕がアップを担当した2人には

 

 

「チャレンジしよう、ミスをしても今はサッカーを辞めなくてはいけないわけではない。だから安心して成長するためにチャレンジしよう。

 

シュートを見送らない、見送っても良いことは何もない。ゴールラインを割るまでは可能性が少しでもある、だから諦めないこと。

 

成功も失敗も楽しんでチャレンジしていこう!」

 

 

ということを伝えました。

 

 

彼らはゲームで素晴らしいプレーをしてガッツポーズをしたり、周りからナイスキーパーと声をかけられたり。

 

はたまたシュートに触るもののゴールネットを揺らされ

地面を叩いて本気で悔しがる場面も見られました。

 

 

こういった感情を思いっきり表現できるのは

全力でチャレンジしているからこそだと思います。

 

 

子どもたちのこういった姿を観ると心を動かさせられますよね。

 

 

彼らがもっとゴールキーパーを楽しめるように成長してほしいと思います。

 

 

そしてこういったポジティブに積極的にチャレンジできる雰囲気を作り出したのは

素晴らしい指導者の方々のコーチングがあったからだと思います。

 

 

フィールドのコーチたちもゴールキーパーのプレーに対してコーチングをしてくれたり、ナイス!と褒めてくれたりしました。

 

本当に素晴らしいトレーニングになったと思います。

また後期ナショナルトレセンU-14の地域対抗戦で子どもたち、指導者の方々に会えるのを楽しみにしています。

 

それまでに自分もレベルアップしないとですね!

 

 

積極的に学んでチャレンジし成長し続ける!

そして今回の経験も指導する子たちに還元できればと思います!

 

 

GK専門のパーソナルトレーニングをご希望の方はこちらから!

 

 

それではadiós!

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.