プレジャンプで全てのプレーが変わる!シュートを止めるゴールキーパーになれ!

更新日:

GKトレーニング@美原中
選手:U14タツヤ、U13ケイタ

 

 

 

 

Hola!三上です。

 

 

無事スペインから帰国しました。
スペインの様子はまた今度まとめたいと思います。

今日のトレーニング

 

 

12月は徹底してプレジャンプにフォーカスしてトレーニングして行こうと思います!

 

 

 

今まではプレジャンプ無しでプレーしていたので違和感はあるかも知れませんが必ず身につけたいテクニックです。

 

 

 

 

プレースピードを上げるためにタイミングをしっかりと合わせる
そのためには観るということが大事になってきます。(この前も書きましたね!)

 

実際に目の前で観る事が1番理解できる

 

 

言葉でももちろん伝えてはいますが、実際に目の前でプレーを観ることが1番理解が深められるかと思います。

 

 

 

 

実際にプレジャンプからのキャッチングをポイントを解説しながらデモンストレーションを!

 

 

身体が動くうちに見せとかないとですね笑

 

冬にはエレボスのキーパーグローブがオススメ!

 

 

ちなみにこの日はエレボスのキーパーグローブを着けてました!

 

 

 

冬にはエレボスのキーパーグローブがオススメです!

 

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 

めちゃくちゃ暖かいんです!笑

 

ウエットスーツにも使われる高性能のネオプレン素材を使用しています。
耐久性、耐熱性、耐寒性に優れているらしいです。

 

 

冬のトレーニングは手が冷えてキャッチングする度に痛みを感じていました。
そのため冬にはキーパーグローブの下に手袋を着けたりしてトレーニングをしていましたが、、、

 

 

 

キャッチングの感覚が少し変わってしまいます。

 

エレボスのキーパーグローブが気になる方

 

 

でもこのエレボスのキーパーグローブならキャッチングの感覚が変わらず手が冷えることもなくプレー出来ます!

 

 

 

グリップも良いし、フィット感も高い!そして暖かい笑
キャッチングをとことん楽しめるキーパーグローブです!

 

 

 

 

選手はもちろん!GKコーチの方にもオススメです!

 

エレボスのキーパーグローブが気になる方はお問い合わせからご連絡ください!お得な情報が知れるかも!?

 

デモンストレーションを観た後はすぐに試す!

 

 

目の前でプレーを観た後はすぐに自分自身で試しましょう!

 

 

 

最初はオーバーなくらい大きくプレジャンプ!

 

 

 

なぜこんなにも笑顔なのかは知りませんが、、、笑
真剣に楽しくトレーニングしてる分には僕は笑顔でも構いません!

 

 

 

つまらないトレーニングをするよりも楽しくトレーニングをしている方が良いですよね!
プレーする選手としても、GKコーチとしても!

 

プレジャンプが良いプレーに繋がる

 

 

プレジャンプを行うことで最初の動き出しがスムーズに行える回数が増えました。

 

 

 

それはグラウンダーボールのキャッチングでも効果があります!

 

 

 

今までは股下を塞ぐために壁を作る足が遅れていましたが
プレジャンプから瞬発的に動き出せることで折る足を引き付けることができ
股下をしっかりと塞ぐことが出来ています!

 

 

 

キーパーの見せ所でもあるド派手なダイビングだけでなく
こういった基本的なプレーにもプレジャンプは良い効果を発揮しますね!

 

今後に向けて色々とやっていきます

 

 

基本的なキャッチングメニューの次はローリングダウンを連続で行いました。

 

 

 

こちらは年明けから本格的に取り組む内容が少し入っています!

 

 

 

ここでこのメニューの意図やポイントを伝えるとプレジャンプ以外にも考えなくちゃいけなくなりますが、、、

 

 

 

そうすると彼らの頭は混乱してパンクしそうなのであえて伝えません笑

 

 

 

 

ふんわり伝えたのは

 

「速く!」
「身体を上手く使って!」

 

 

いつも言っていることですね!

 

実際のシュートにプレジャンプを合わせていく

 

 

GKトレーニングのラストでは実際のシュートのタイミングに合わせてプレジャンプを使ってみました!

 

 

 

シュートストップだけではなくディストリビューションとパス&サポートの要素も入れました。

 

 

 

ディストリビューションとパス&サポートも年明けからメインに行っていくテーマです。

 

 

・ゴールキーパーからサイドバックへスローでパス

・サイドバックが前へ繋げないのでゴールキーパーへバックパス

 

 

この時にどの位置でボールを受けるのかベストか
またパスをどこで欲しいのかを伝えること
移動中に何ができるかを考えてもらいました。

 

 

 

 

ゴールキーパーで時間をかけないように
スムーズにテンポ良くプレーするためにボールの置き所とパススピードをこだわって

 

 

・バックパスを受けたらボランチへ縦パス

・ボランチへの縦パスを相手FWに奪われそのままシュートへ

 

 

 

縦パスを奪われてはいけませんがミスが起こる場合もあります。
味方がトラップミスで相手にボールを奪われたり、パスが弱くて奪われたり

 

 

そういったアクシデントをイメージしながらのシュート対応へ

 

 

 

ゴールキーパーのキックのトレーニングも兼ねているので
シューターはゴールネットに突き刺さるような速くて低いストレート系のパワーシュートに限定。

 

 

 

これに対して良いポジショニングからのプレジャンプでプレー!

 

プレジャンプのタイミングが合うと

 

 

プレジャンプのタイミングが合った時はダイビングが力強く出来ていましたね!

 

 

その証拠にボールに強くアタックし普段よりも遠くへボールを弾けていました!
最後までボールから目を切っていないのも良いプレーですね!

ここからもっとプレジャンプからの動き出しがハマっていけばキャッチ出来る範囲にこのボールが入ってきます。

 

 

 

是非とも継続して身につけたいプレジャンプ

 

 

 

GKトレーニング動画はこちら↓チャンネル登録もよろしくお願いします!)

 

 

 

それではAdios

-GKトレーニング
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 三上綾太/GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.